期待が大きすぎたブリスベンのスパ(日本式銭湯)

先日、友達と日本のようなお風呂に入りたい!
と思い立ち、調べてみる事に。
すると、ここオーストラリアにもいくつかあるではないですか 💡

※海外では、銭湯や温泉の事を、スパやホットスプリングという事が多いです。
※スパは、マッサージ店でも良く使います。

 

今回は、ゴールドコーストからでも行ける

日本式銭湯に潜入レポート!

場所は?

そのスパ(銭湯)ゴールドコーストから、電車で約1時間位行ったところにある、オーストラリア第三の都市「Brisbane」にあります。

ブリスベンのCityの南側
とっても素敵なボタニカルガーデンを通っていきます。

ブリスベンにあるボタニカルガーデン

ロケーション的には、
私はブリスベン在住ではないので
詳しくはわかりませんが、
Woolloongabbaという所にあるようです。

ブリスベンのシティ駅から30分くらい歩いたでしょうか、ちょっと街から外れた所にある、とある古びたホテルに到着。

建物に到着!

うーん、本当にここにスパがあるのかという佇まい。
ホテルに併設されてる風だけど、入り口は別で、なんだか入りズラい。

事前にサイトで調べた結果では、評判もそこそこ良かったのですが、なにせ、同行した私の友達が誰もそこに行った事がないという、大きな不安が一気に募りました。

おいくらですか?

そのスパは地下1階。

入り口に受付があり、アジア人風の男性が座っていました。

確か、プライスリストがあったと思いますが、事前に調べた所によると、学生証を出せばディスカウントされると。

無口なおじさんに学生証を提示すると、
17ドルになりました。

何も知らなければ、おばさんの私は、危うく20ドル取られてましたね(汗)

そして、何の説明も無く、鍵を渡され、後ろに置いてある、バスタオルとフェイスタオルを借りて、脱衣所に。

うーん、なんとなく清潔な感じがしない。。

そして、ロッカールームで着替えていると、後から来た友達が、衝撃発言。

「ロッカーが空いてないから、誰かと一緒に使ってと言われた。」

日本ではあり得ない対応です。。。

まあ、日本じゃないからしょうがないね。

と割り切って、浴室に。

肝心のお風呂は?

第一印象は?

くっ暗い、あまり先が見えない感じ。

良く見ると確かに、日本の銭湯風。

決して広くない浴槽が2つあり、

1つはお湯、もう1つは水風呂。

とりあえず、体でも洗おうかしらと、周りを見渡すと、シャワーのそばに、銭湯にありがちな、
シャンプーとリンス?が入ってそうな、タンクはありました。

友達調べによると、
シャンプー・リンス・ボディーソープは、置いてあるらしい。

でもそれ以外に、プラスチックのカゴが、いくつか置いてあって、その中に、シャンプーやらトリートメントやらが入っている。

同じようなカゴがいくつもおいてあるから、

「もしや、これ使っていいのかな?」

と、モジモジしていると、隣に座ってきた日本人らしきおばさんが、

「それは個人のだからダメよ。」

と、日本語で忠告してくれたんです。

「あっぶな。」

と、思っていると、そのおばさんが語り始めました。

利用者の生レビュー!

ここからは、このおばさんのお話なので、信じるか信じないかは、アナタ次第!

何やら、この銭湯は、お客さんはほぼ西洋の方と韓国人。

そして、この銭湯、お湯を替えるのは、1週間に1回くらい。

その上、西洋の方は、体を洗わずに入ってしまうので、いろんなものが浮いている(OMG)

しかも菌が発生しないように、相当強い薬液をいれているという。

なので、そのおばさんのお友達などは、皮膚が荒れたり、かゆみがとまらなくなったりして、大変だったという。
日本人のお客さんで、リピートする人は、ほとんどいないそう。

だから、必ずお風呂に入る前と、入った後は体を綺麗に洗いなさいと、忠告してくれました。。

「ひぇ〜!」

ただでさえ、水場に拒否反応がある私は、そそくさとそのお湯を離れ、サウナを探すことに。

※その後友達の間で、大きな疑問が浮かんだ。
そのおばさんは会員なんだそう。そんな事実を知っていながら、なぜ??

サウナ発見!

サウナの入り口風のドアがあったので覗いてみると、5−6人位が入れるドライサウナが。

サウナも薄暗かったから、以外と普通に見えたサウナだったのに、そのおばちゃんの話を聞いた後だったので、なんだか、全てが気持ち悪く感じてきて、そそくさと、出てしまいました〜。

私は、水場潔癖性と言いましょうか、日本でもあまり清潔感のない銭湯に入るのは厳しくて。。。

まとめ

結局、滞在時間30分位ででました。

私的には、あまりお勧めできないので、名前、住所、画像等は伏せることにいたしました。

総合的な感想は
17ドル(1600円)払って、超期待しただけに残念無念!

日本のスーパー銭湯に行きたいよ〜
でした。

タイトルとURLをコピーしました