日本人経営のお肉屋さん ソウルブッチェリー

やはり日本食が最高!!としみじみ実感している私です。

自宅でも日本食を作りますが、中々スーパーでは日本食にあうような形のお肉が売っていません。

薄切りという物がほぼないのです。。。

そして、ここゴールドコーストには、アジア系のスーパーはたくさんあります。

薄切り肉は売っているのですが、冷凍なんです。。。

そんな時です、

日本人経営のお肉屋さん発見しました!

どこにある?

場所は、
シェブロンアイランド!

サーファーズパラダイスからも徒歩圏ですので、お散歩がてらに歩いていっても、良いと思います。

お店の名前は?

「ソウル ブッチェリー」
ゴールドコーストの日本人経営のお肉屋さん

オーストラリアでは、
お肉屋さんの事を、ブッチャーという人が多いように思います。
ミートショップでも通じるとは思いますが。

私達世代なんかは、
「ブッチャー」といえば。。。

プロレスラーの
アブドーラ・ザ・ブッチャー

なぜか、梶原一騎が書いた、
ブッチャーの漫画が家にありまして、
以外と詳しいんです!

あれ?いらない情報?(汗)

話がそれましたが、

ーーお店の軌跡ーー
友達の話によると、なんでも数十年前、アジア人がここでお肉屋さんを経営していたようなのですが、それが売りに出されて、今の日本人ご夫婦が引き継いで、経営するようになったとの事。

むかーしむかし、
(たぶんバブル期)
ここゴールドコーストは、
たくさんの日本人で溢れかえっていた時期があったよう。

でも、時は流れ、
バブルも弾け、
経済が破綻した日本人は、
続々とここから撤退したのだそう。

今も、そこら中に、
夢破れたのでしょうか、
日本語で書かれた看板が、
悲しく残っています。

とまあ、
そんな歴史もある中で、
このお肉屋さんは、
堅実にやってこられたから、
今も変わらずお店を続けていられるのでしょうね。

確かに、ご夫婦とも堅実そう!
あんまり写ってなかった。。
IMG_3814

お肉の種類

販売しているのは、

日本人の大好物、

豚の薄切り肉
三枚肉
牛肉
ホルモン
鶏皮
砂肝
タン

なんかもありました〜
IMG_3815

IMG_3813

IMG_3812

まとめ

日本人経営のお肉屋さんのメリットは、

街中のスーパーでは、

英語で頼みにくいな〜

ニュアンスが伝わらなくて困っている

という方にうってつけ!

日本語で、
好きな大きさにカットしてくれたり、
お肉のオススメが聞けたり、
不安なく、お肉が買える事ではないでしょうか!

そんなわけで、
ゴールドコーストに滅多にない、こちらのお店が絶対オススメ♪

私も、豚の薄切り肉を買ったので、
オーストラリアに来て、
初しょうが焼きをしたいと
思っています!

日本食最高!

★ソウル・ブッチャリー
46 Thomas Drive, Chevron Island

タイトルとURLをコピーしました