こんな出会い方最高じゃん

とんでもない強風の1日。

あたし、目撃したの。

それはオフィスビルが立ち並ぶ歩道。

一人のChickが歩いてました。
※chick(チック)とは、スラングで若い女性という意味でございます。使い方には気をつけましょう!

「こんな強風の日に、なんで・あんた・そんな超ミニスカート履いてきたん。。。 」

っていう子でした。

みなさんの想像をはるかに超えるミニ具合。

彼女は、必死に前後を抑えてはいるものの、当然、少ない布切れは、ヒラヒラ強風に煽られ、ほぼパンツ丸出し(のように)見えました。

そんな彼女を、あたしも含め、周りの一般ピーポーは、呆れのような、可哀想にのような、見て見ぬふりをきめてました。

 

そんな時です。

向こうからシャレオツサラリーマン風のイケメンが、颯爽と歩いてきました。

そして、ミニスカchickとすれ違いざま、彼は彼女に何か話かけました。(たぶん知り合いではないと思われます)

そして、すれ違った2人は、お互い反対方向へ歩いていきした。

が、イケメン君は、振り返って彼女の方を、しばらくガン見していました。

 

ナエもんオバちゃんは心の中で、つぶやきました。

ナエもん
ナエもん

「やーね、イケメンのくせに(関係ない)そんなにパンツみたいのかしら」

すると、イケメン君が、ミニスカchickの方に走りだしたではありませんか!!

 

そして、彼はミニスカchickに話しかけ、一緒に歩きだしました。

ナエもん
ナエもん

「OMG What’s going on…??」

最初は、何が起こったのかわからんかったけど、その様子をみていて気づきました。

なんとそのイケメン君、パンツ丸出しちゃんを、あまりにも不憫に思ったらしく、そのパンツが見えないように、カバーしながら一緒に歩いていってあげてたんです〜〜〜!(◎_◎;)

 

そんな人いますーー??

ここにいるんです!!

 

あたしなら、間違いなく恋に落ちますね。

 

(妄想)きっと、ああいう人は、

助けてくれたお礼をしたいと、

ナエもん
ナエもん

「あなたのお名前は?」

って聞いたら、

って言って、
去っていくんだろうな〜。
※昭和世代にしか通じませんね。これ笑↑

日本人の控えめな優しさは、もちろん素晴らしいんだけど、海外にいると、日本人とは違う、気遣いを目の当たりにすることが多々あります。

今日の教訓

建前:自分が正しいと思ったことを、なんの躊躇もなく、サラっとできる、そんな素敵な大人になりたいわわわわわ〜。

本音:そんな素敵な男性と、一刻も早く出会いたいわわわわわ〜。

タイトルとURLをコピーしました