オーストラリア QLDで運転免許を取得しよう!準備編


こんにちは!

最近は、海で泳いでる人も見かけて、
そろそろ夏がきてる〜と感じる今日この頃。

私も、もうすぐ新しい学校が始まるので、
その準備中。

あと、今、時間がある時にやっといたら、
良い事。

それは、

こちらの運転免許証を取得する事!

色々調べてみると、諸説あるよう。

日本の運転免許証と、その翻訳があればOK!

その州によって法律が違う。

国際免許はあまり効果がない?

なるほど。。。

果たして、どれを信じれば?!

スポンサーリンク

とりあえず、
運転免許証の翻訳を作成してもらう事に。

学生ビザの時も登場した、

NAATI(オーストラリア政府の認定する翻訳専門機関)が作成したものに限ります。

私の留学エージェントでは、

55ドルでした。

ちなみに、
在ブリスベンの日本国総領事館でも翻訳してくれて、
金額も20ドル位らしいです。

ただ、たまにゴールドコーストに出張サービスとして、
来てくれるようですが、
日にちが決まっているので、
早く作りたかった私は、手っ取り早くエージェントに
お願いしました。

2−3日で作成完了!

次に、持ち物を確認しましょう!

★持ち物
・日本の運転免許証

・運転免許証の翻訳

・パスポート

・オーストラリアの銀行のキャッシュカード

・クレジットカード

・事前に申請書に記入した方はそれをお忘れなく。

・住所を確認できるもの
(銀行、TFN、公共機関から郵送で自分あてに受け取った郵便物)
※私は引越したばかりで、
住所を証明するものが何もありませんでした。
そういう方は、
まず、自分の銀行の住所を更新します。

そして、次に銀行に行って、
入り口付近にいる人に、
「バンクステートメント」を出してもらいましょう。

「My Bank Statement Please」位で通じると思います。

5分もかかりません。
必ず、住所が新しくなっているかをその場で確認してくださいね!

また、当日申請書を記入するのですが、
事前にDLできるらしいので、
記入していきたいなという方は、
コチラ↓
F3000_CFD.pdf

※変わった質問ですが、
1:Personal Details
瞳の色(Brownと記入)
身長
髪の毛の色
肌の色(Oliveと記入)

このように記入します。

これで準備は完了!

次に、トランスポートセンターに
行きます。

スポンサーリンク

↓ランキングサイトに参加中↓
↓ポチッと応援お願いします♪↓


チャコ

投稿者: チャコ

オーストラリア ゴールドコースト在住。 日本では、保育士や海外輸入商品のバイヤーをしておりました。 色んなチャンスを経て、語学留学しつつ、一人気ままに海外生活を楽しんでいます! オシャレなものが大好きなので、日本未入荷商品等発掘してご紹介していきたいと思います。