7月から改正 オーストラリア スチューデントビザ


みなさんご存知でしょうか??

まあ、しょっちゅう変わるらしいですが。。

今回、7月からオーストラリアの学生ビザの
申請が改正されました。

私は、次の学校の為に、
新たな学生ビザを申請しなくてはいけなくて、
早めに動きました。

しかし、ビザの申請は、
入学日の3ヶ月前からしかできないらしく、
次の学校が9月中旬入学の為、
6月中旬からしか申請できませんでした。

スポンサーリンク

その時点で、
学校の入学金の1部、約2000ドル
Student Visa申請料、550ドル

約20万位(80円換算)を、
すでに支払っていました。

その後、1週間位すると、
移民局から質問事項と、
追加書類の提出を求められました。

内容は、
・日本の家族等の関係の書類
戸籍謄本、会社の在籍証明、生命保険等
(いかに自分が日本と接点を持っているかの証明)

・残高証明
(日本人は、厳密にいくら以上というルールはないそうですが、最低でも50万以上はあった方が良さそうです。)

・最終学歴証明・成績証明

・質問
なぜ、その学科を学びたいのか?
なぜ、その学校を選んだのか?
なぜ、日本じゃなくオーストラリアの学校を選んだのか?
オーストラリアでの生活(費)は、どうするつもりなのか?
過去やってきた事と、この学科との関連性は?
そのコースを受けた後のプランは?
日本の家族関係、どれだけ日本に籍を残しているか?
日本での教育課程、職歴の証明?

これを、約1ヶ月ですべて揃えて、
再提出しなければいけません。

OMG!

 

思ったより、多すぎない??

彼らが知りたいのは、
ちゃんと学校に行く気があるのか?
ちゃんとお金があるのか?
コース終了後、日本に帰るよね?
という事です。

一番学生ビザが取得するのに一番簡単だし、
お金さえ払えば、長期間滞在できるので、
学校に行ってるふりして、
何もしていなかったり、不法に働いたり、
事件を起こしたりする輩が、日本人に限らず、
増えていて問題になっているんでしょうね。

しょうがない、タイミングが悪かったです。。

で、急いで日本と連絡を取って、
用意しました。

私は、良い歳なので、
最終学歴の項目は重視せず、
職歴の説明と、
過去の職歴と今回のコースとの関連する証明に
重点を置きました。

幸い、日本で今回のコースに関連する資格を
持っていたので、その修了証。

あとは、できるだけ多い残高証明ですね。

それと、日本の生命保険の加入状況。

すべて、英文でなくてはなりません(当たり前ですが)

銀行は、オンラインで英文の証明がDLできたので、
ラッキーでした。

また、最終学歴の学校と資格の学校に連絡して、
英文の修了証を作成してもらい、
日本の実家に送ってもらい、
実家から写メを送ってもらうという面倒臭さ。
※原本でなくてもOK(そこは寛容なのね・・)

それと、問題は戸籍謄本と、
生命保険の証明書。
これ、英文が存在しませんでした。
※生命保険会社によってはありますが、
発行までにかなり時間がかかると言われました。

なので、これを翻訳してもらわないといけません。

ここが超厄介な所、
そんじょそこらの翻訳家じゃダメなんですよ〜

オーストラリアには、
NAATI
(National Accreditation Authority for Translators & Interpreters)

という、翻訳の国家資格を持った人が存在していて、
この方がたに翻訳してもらわないと
いけないんです。

はいはい、それなりにとられますよ(涙)

大体、70−100ドル位だそう。

そして、質問事項、
これもかなり大事(だと思いたい)。

留学エージェントから、
サンプルをもらって、
自分なりに拙い英語で書き、
それを日本のとっても英語ができる友達に
お願いしてチェックしてもらいました。

友達のおかげで、かなりの力作に。

正直、レベルが高すぎて、
自分でも理解できない文章があったり(笑)

で、渾身の書類たちを再提出。

なんでも、
この再提出は1回限りで、
結果が決まるらしい。

今回書類の不備などがあったら、
「ハイ、お終い」
となってしまうんですって。

あまり、学生ビザで申請却下となる人は
少ないらしいのですが、
それでも、年に数人落ちるらしいです。
※落ちた場合、異議申し立てはできるそうです。

これにも、それなりにお金が必要ですよねー。

なので、何としてでも、
通りたい!

そして、このビザ申請の嫌な所は、
進捗状況がまったくわからないから、
ただ待つしかないこと。

待つ事、1ヶ月。
無事におりました〜♪

きっと、今回このタイミングで申請した方は、
みなさん同じ思いをされてると思います。

まだ下りてない方、
きっともうすぐ下りますよ!

下りた方、よかったですね〜
これからも頑張りましょう!

そして今回思ったことが、
「日本人の信頼感。」

どこでも、他の国に比べ日本は優遇されています。
日本人で良かったと思いました。

この信頼感は、
日本の経済成長、
国の安定感(実際は??)、
過去に留学した人の功績があったからだと思います。

なので、自分達も、
自分の事だけじゃなく、
未来の留学生のためにも、
この信頼を引き継いでいかなくちゃいけないと実感しました!

ちょっと長くなりましたが、
お付き合いいただき
ありがとうございました!

スポンサーリンク

↓ランキングサイトに参加中↓
↓ポチッと応援お願いします♪↓


チャコ

投稿者: チャコ

オーストラリア ゴールドコースト在住。 日本では、保育士や海外輸入商品のバイヤーをしておりました。 色んなチャンスを経て、語学留学しつつ、一人気ままに海外生活を楽しんでいます! オシャレなものが大好きなので、日本未入荷商品等発掘してご紹介していきたいと思います。