元気があれば何でもできる! その1


さすが、猪木は良い事いいますね。

しばらくブログの間が空いた理由ですが、
ちょっと体調が優れなかったのでした〜

といっても、
よくよく考えれば、結構前からあった痛みだったかも。。

ちょっと腹部に違和感(ちょっとした痛さ)があって、
以前は、すぐに治ってたから、
気にならなかったのですが、
ここ1−2ヶ月ずっと消えなかったので、
何人かの知り合い(体関係の仕事の人)に、
聞いてみたら、

「そこ、大事な場所だから病院行った方がいいよ」と。。

場所的には、
胆管、胆嚢あたり。

あ〜でもこっちで病院行ったら、
めっちゃお金が〜!
と、しばらく放置していたら、
なんだか背中の痛みも感じてきたぞ。

しょうがないから、
日本語が通じるお医者さんに行ってきました。

スポンサーリンク

開口一番

「うーん、あんまりいい場所じゃないね」

という不吉な言葉。

とりあえず、
ウルトラサウンド
血液検査
行ってきてと。

ここで、オーストラリアの医療事情を
まったく知らない私は

「えっ?ここでやらないの?」

そうなんです、
ここオーストラリアでは、

病気になったら、まず最初に

GP(General Practitioner)
と言われる、街のお医者さんに行きます。

たぶん症状か軽ければ、
GPから処方箋が出て、街のドラッグストアで薬を買うのでしょう。

これは、日本と似てますね。

しかし、
私が言い渡された特殊な検査は、
それぞれの
Specialist(専門医)
に行かなければならないのです〜

これが面倒。。

まず

「血液検査」
これは、pathology と名がつく所で行なわれる。
病理検査を専門にする所ですね。
気にして見てみると、結構街中にあるもんですよ。

ここは、予約はいりません。
フラッと行って、先生からの紹介状?的なものを見せると、
そこの方々が、あれこれやってくれます。

先生から、血液検査しか聞いてなかったのに、
尿と便、呼気検査もありましたよ。。

ちょっと不思議なんですが、
終了後、お会計しません。

後から請求書が送られてきて、
払うシステム。

めっちゃ非合理的。。

次に、
ウルトラサウンド(超音波検査)

こちらは医師から指定された場所で行なわれ、
事前に電話予約していきます。

英語がわからない方、
ひたすら頑張りましょう!

私もわかりませんが、頑張りました(笑)

検査する場所によって違いますが、
お腹あたりだと、
朝ごはん、水もガムもダメらしい。

なので、朝一の予約が望ましいですね。

予約時間に行くと、
技術者らしき方が迎えにきてくれ、
個室に通され、検査が始まります。

ここはたぶんジェスチャーで乗り越えられるでしょう。

そんなわけで、
結果は次回に続きます!

スポンサーリンク

↓ランキングサイトに参加中↓
↓ポチッと応援お願いします♪↓


チャコ

投稿者: チャコ

オーストラリア ゴールドコースト在住。 日本では、保育士や海外輸入商品のバイヤーをしておりました。 色んなチャンスを経て、語学留学しつつ、一人気ままに海外生活を楽しんでいます! オシャレなものが大好きなので、日本未入荷商品等発掘してご紹介していきたいと思います。