オーストラリアで家探し 災難編


最近引っ越しなどで、
バタバタしていて
更新が遅くなりました。

前回の続きで、
「ようやく家探しを始めました。」
前回のお話はコチラ

というわけで、
今回の最大の目的は、

「異国の人と住む」

なので、始めはガムツリーから
スタート。

うーん、
なかなか希望の場所の案件がない!

しばらくしたら車を買うと見越して、
ちょっと範囲を広げてみる事に。

スポンサーリンク

すると1件、オージー男性との
シェアハウスの募集が。

場所はというと、
トラムの駅にすんごく可愛い名前だけど、
すんごく地味な駅があるんです。

その名は、
「フロリダガーデン」

今まで一度も降りた事のない駅。

とりあえず行ってみる事に。

駅から7−8分。
周りはマンションが立ち並んでいるけど、
お店はない感じ。

「ピンポーン」すると、
60歳くらいのおじさんが。

「ホホー(汗)」

悪い人じゃなさそうだけど、
部屋が隣だし、
バスが完全にオウンじゃない。

ちょっと無理かな〜。

でも、後にも先にも、
お家見に行って、
お茶とお菓子出してくれたの
このおじさんだけ!

申し訳ないけど、
次を探す事に。

2件目
ここで事件が。

それはガムツリーでみつけたのですが、
掲載内容はこんな感じ。

「僕、イタリアから仕事で来たんだ。
シェアメートを探しているんだけど、
今バタバタしてるから、
写真は用意できなかったよ。

住所はこの辺だから、
グーグルで調べてみて。

駅から5分
オウンバス・オウンルーム
180ドル」

希望の場所!
希望の条件!

写真なしが気になるけど、
英語は流暢そうだし、
イイじゃん!!

早速コンタクト。

ところが、帰って来たメールが、
あたしでもわかるくらい英文のレベルがひどい!

気になるポイント2点目。

まあまあまあ。。。

と、細かい事は気にしないと言い聞かせ、
日にちも時間も決め、
インスペクションに。

当日、ちゃんとした住所を
聞こうと思って連絡するも、
それに対しての返信はこない・・・

それ以外は返信がくる・・・

気になるポイント3

まあまあまあまあ。。。

とりあえず、
その家の近くに行き、
もう少しで着くよと連絡すると、
了解的な返信。

もう一度、
住所を教えてとメールすると、

「僕が家の前で待っているから」と。

「いやいや、アンタの事知らんし。」
ちょいイラ。

そして現場に着き、
「着いたけど」と連絡。

すると、
「今、降りるから。」

「はあ?家の前で待ってんちゃうの?」
ちょいちょいイラ

待つ事5分。

「何分かかってんだよ〜!」
かなりイラ

待つ事10分。

「もしや、ここじゃないの?」
ちょい不安

待つ事15分。

その後電話するも、ノーアンサー。

「ハイ、きた!」
イタズラかなんかしらないけど、やられた〜!

怒り爆発!!!

帰り道、
この怒りをそいつにぶつけたい!
と思って、
思いつく限りの暴言を考えてたんだけど、
私の電話番号しられてるし、
下手な事できないじゃん(キイ〜)

とりあえず、

「あなたのせいで超無駄な時間を過ごした」

「あんた最低ね」と送ってやりました。

家路に着き、
この一件をルームメイトに愚痴っていると、
奴からメールが、、

「僕の住所は、4の◯◯だよ、ラブリー」

「僕がどこにいるか知っていると思ってたんだけど、プリンセシア」

なにラブリーとかプリンセシアって〜
はあ?キモいんだよ〜!
速攻で着信拒否にいたしました。

今までこんな人、
まわりでも聞いた事ないし、
まさかあたしが当たるとは、
思いませんでした。

でも、
これからの良い教訓
・写真がない家
・住所を教えない人
は絶対に信用しない。

この件で、
やっぱり日本人が安心だし、
それでもいいかな〜と心が動いたけど、
たまたま見つけた募集で、

希望の場所で、
ほぼ希望の条件
そして、
一番の目標だった異国の人の家がみつかり、
そこに決定いたしました♪

※先ほど、地味とご紹介した
フロリダガーデンですが、
こんな綺麗なお花が咲く
ステキな公園もあります!
IMG_3930

スポンサーリンク

↓ランキングサイトに参加中↓
↓ポチッと応援お願いします♪↓


チャコ

投稿者: チャコ

オーストラリア ゴールドコースト在住。 日本では、保育士や海外輸入商品のバイヤーをしておりました。 色んなチャンスを経て、語学留学しつつ、一人気ままに海外生活を楽しんでいます! オシャレなものが大好きなので、日本未入荷商品等発掘してご紹介していきたいと思います。