期待が大きすぎたブリスベンのスパ


先日、友達と
Brisbaneにあるという、
日本式のスパに行ってきました!

場所は、
ブリスベンのCityの南側
とっても素敵なボタニカルガーデンを
通っていきます。

ロケーション的には、
私はブリスベン在住ではないので
詳しくはわかりませんが、
Woolloongabbaという所にあるようです。

とあるホテルにあるスパ。

調べてみると、
他サイトでの評判も良かったのですが、
なにせ、誰もそこに行った事がないという
大きな不安を抱え、いざ!

スポンサーリンク

そのスパは地下1階にありました。

入り口に受付があり、

学生証を提示すると、
17ドルになりました。

何も聞かれないから、
おばさんの私は、
危うく20ドル取られそうになりました(汗)

そして、何の説明も無く、
鍵を渡され、
後ろに置いてある、
バスタオルとフェイスタオルを借りて、
脱衣所に。

うーん、なんとなく清潔な感じがしない。。

そして、ロッカールームで着替えていると、
後から来た友達が、
「ロッカーが空いてないから、
誰かと一緒に使ってと言われた。」

「えっ??」

日本ではあり得ない対応ですね〜

まあ、日本じゃないからしょうがないね。。

と割り切って、
浴室に。

「えっ??」

確かに、日本の銭湯風。

決して広くない浴槽が2つあり、
1つはお湯、もう1つは水風呂。

とりあえず、体でも洗おうかしらと、
周りを見渡すと、シャワーのそばに、
銭湯にありがちな、
シャンプーとリンス?が入ってそうな、
タンクあり。

友達調べによると、
シャンプー・リンス・ボディーソープは
ついているらしい。

でもそれ以外に、プラスチックのカゴが、
いくつか置いてあって、
その中に、シャンプーやら
トリートメントやらが
入っている。

同じようなカゴがいくつもおいてあるから、
「もしや、これ使っていいのかな?」
と、モジモジしていると、
隣に座ってきた日本人らしきおばさんが、

「それは個人のだからダメよ。」
と、日本語で忠告してくれたんです。

「あっぶな。」

と、思っていると、
そのおばさんが語り始めました。

ここからは、
このおばさんのお話なので、
信じるか信じないかは、
アナタ次第!

何やら、この銭湯は、
お客さんはほぼ西洋の方と韓国人。

そして、その銭湯、
お湯を替えるのは、
1週間に1回くらい。

その上、西洋の方は、
体を洗わずに入ってしまうので、
いろんなものが浮いている・・

しかも菌が発生しないように、
相当強い薬液をいれているという。

なので、そのおばさんのお友達などは、
なんかの菌をもらったのか、
皮膚が荒れたり、
かゆみがとまらなくなったりして、
日本人のお客さんで、
リピートする人は、
ほとんどいないという。

だから、必ずお風呂に入る前と、
入った後は体を綺麗に洗いなさいと、
忠告してくれました。。

「ひぇ〜!」

ただでさえ、
水場に拒否反応がある私は、
そそくさとそのお湯を離れ、
サウナを探すことに。

サウナの入り口発見。
サウナだよね?

と、覗いてみると、
5−6人位が入れるドライサウナ。

サウナは、普通だけど、
もうその話を聞いたら、
なんだか、全てが気持ち悪く感じてきて、
そそくさと、
出てしまいました〜。

私は、日本でも
あまり清潔感のない銭湯に
入るのは厳しくて、
水場潔癖性と言いましょうか。。

ちょっと疑問なのが、
そのおばさんは会員なんだそう。

そんな事実を知っていながら、
通えるのね〜(汗)

まあ、きっとこのおばさんのように、
特に気にならない方は、
行ってみてください。

私的には、あまりお勧めできないので、
名前等は伏せることにいたしました。。

1600円くらい払って、
超期待しただけに、
がっかり〜!

日本のスーパー銭湯に行きたいよ〜

スポンサーリンク

↓ランキングサイトに参加中↓
↓ポチッと応援お願いします♪↓


チャコ

投稿者: チャコ

オーストラリア ゴールドコースト在住。 日本では、保育士や海外輸入商品のバイヤーをしておりました。 色んなチャンスを経て、語学留学しつつ、一人気ままに海外生活を楽しんでいます! オシャレなものが大好きなので、日本未入荷商品等発掘してご紹介していきたいと思います。